技能教習(第二段階)

技能教習(第二段階)

100キロなんて無理!不安だらけの高速教習

高速道路の運転は思ったよりも楽 多くの教習生は高速道路を走ることに対して不安を感じています。今までの一般道路では60キロがMAXだったのに、高速道路では100キロ出すことになるわけですから速さ的な意味 ...

技能教習(第二段階)

急ブレーキとABSの意味

緊急回避に必要となりうる急ブレーキ 正式には急制動と言います。通常のブレーキングとは異なり、飛び出しや緊急回避を伴う際に一気にブレーキを踏み込む動作のことを差します。 当然急ブレーキですから速度が速い ...

技能教習(第二段階)

路上教習でスムーズな運転をするには

路上運転で最も大切な判断 現在起きている事故のほとんどが人のミスによるヒューマンエラーです。今の車はどれも優等生ですので、機械的な故障や誤作動なんてほとんど起きません。 タイヤ交換を怠ってパンクしたの ...

技能教習(第二段階)

合流のコツ(画像あり)

出来ればやりたくない合流 日本だけに限らず、世界中の道路において一般的な存在でもある合流…。これを苦手とする人はけっこう多いと思います。 基本的に脇道から幹線道路に接続する際は一部の例外を除いて、この ...

技能教習(第二段階)

発炎筒の規格(画像あり)

発炎筒とは? 自動車に積んでおかなければならない携行品(日本興業規格(JIS)D5711によって規格化)のひとつです。事故や故障が生じた際、或いは踏切内で動けなくなった際に他者(車や電車含む)に自分の ...

技能教習(第二段階)

路上教習中の歩行者への対応

歩行者のそばとは 学科教本には「歩行者のそばを通るときは安全な間隔をあけるか徐行すること。」と記載されています。 この安全な間隔とは歩いている歩行者によって変わってきますのでその場に応じて変動するもの ...

技能教習(第二段階)

ワイパーの操作方法(画像あり)

意外と知らない操作手順 すでに免許を取って運転している人にとってはごく当たり前の動作ですよね。しかしまだ卒業していない教習生にとってはまだまだ未知の分野です。 雨が降っているときに「ワイパー使っていい ...

技能教習(第二段階)

路上教習での自転車への対応

判断の難しい自転車の動き 自転車との安全な間隔(1.5m以上)をあけながら通行してください。この場合、自転車をよけることによって対向車線側にはみ出してしまう場合は合図を忘れずにつけて下さい。 逆に無理 ...

技能教習(第二段階)

事故を起こさない防衛運転

事故は半分の確率で加害者か被害者 基本的に事故は単独で起こさない限り、加害者か被害者のどちらかになると思います。 教習所では事故を未然に防ぐため…ようするに加害者にならないための内容が中心となっていま ...

技能教習(第二段階)

2秒先を読む運転が大切

初心者と経験者の相違点 路上教習に出てすぐの教習生と、何年、何十年と経験を重ねたドライバーとは決定的に異なる部分があります。 そのひとつが先を読む能力…つまり予測のことですね。 初心者の運転にありがち ...

技能教習(第二段階)

身につけておきたい判断力

教習所は判断力の勉強 教習所で学ぶ内容はたくさんありますが、大きく分けると技術・知識・判断になります。 技術に関しては技能教習で、知識に関しては学科教習で、判断に関しては「経験」で学ぶことになります。 ...

技能教習(第二段階)

踏切内における最悪のケース

踏切でのトラブルは死に直結する 踏切事故が発生する最大の要因が判断ミスと言われています。 前方が混んでいるのに進入してしまう 道路と誤って線路に進入してしまう 踏切外への脱輪 おおまかな事故事例はこん ...

技能教習(第二段階)

路上における障害物への対応

障害物には危険な死角が多い 一般公道はリアルワールド。ほんの少しのミスでも人生を終わらせてしまうトリガーに成りうるのは現実的な話。歩行者、自転車、対向車両、天候、迅速さを求められる判断力…それだけでは ...

技能教習(第二段階)

本当の死角は心の中に

目視忘れが起こす悲劇 目視とは自分の目で確認すること。教習用語では巻き込み確認と称する場合もあります。ちょっと油断してミラーだけで後方を確認してしまったり、いつも通ってる道だからと何にも確認せずに通過 ...

© 2021 教習所合格データベース Powered by AFFINGER5