S字とクランクのコツ(最新版)の画像をリファインしました。
学科教習

一方通行の道路とは

身の回りに存在する一方通行 簡単に言えばエスカレーターのようなものです。上りエスカレーターは上るしかなく、下りエスカレ
質問回答

MT免許が必要なければATで十分

想像のさらに上の苦労を想定しましょう どうしてもMTを取りたい理由があるのなら仕方ありませんが、ただなんとなくであると
学科教習

気にしておきたい自動車のオイル

車全体に流れる血液としての役割 車を購入すると必ず一度は耳にすることのあるオイル。新車であっても中古車であってもいずれ
スポンサーリンク
質問回答

準中型免許とは

今と何が変わるのか 平成29年3月12日に道路交通法が一部改正され、新たに“準中型免許”が設けられます。 みなさ
技能教習(第二段階)

休憩は2時間に1回程度を

気づかない疲れに要注意 運転に限らず人間は動いていれば必ずいつかは疲れます。疲れた体を元の状態に戻すには休憩をするしか
学科教習

雪の日の運転

細心の注意が必要な雪 もうすぐ冬ですね。この記事を書いている時点ではまだ10月ですが、標高の高いところでは雪が
学科教習

霧が発生した時の注意

そもそも霧の正体は何だろう 山間部でたまに発生する霧……実はこの霧の正体は空に浮かんでいる「雲」そのものです。空中にあ
技能教習(第一段階)

踏切で起こりうる最悪のシナリオ

死に直結する踏切でのトラブル 踏切での事故の最大の要因が判断ミスと言われています。今の車はさほど故障しませんし
技能教習(第一段階)

キープレフトの実践

左側通行のさらに左寄りを走る 教習所で練習をしていると、よくキープレフトと言う言葉を聞くことはありませんか?
技能教習(第二段階)

障害物への対応(路上編)

障害物には危険な死角が多い 以前の記事で「視覚的死角」と「潜在的死角」について述べました。前者は物理的に見えない死角、
技能教習(第一段階)

障害物への対応(所内編)

障害物の早期発見に慣れましょう 今回は第一段階における基本対応が中心です。土台がしっかりしていないといざ路上に出た時に
質問回答

初心者に最適な車はありますか?

どれに乗っても平気だと思います たまにタイトルのような質問を受けますが、初心者の方は基本的にどの車に乗っても運転が難し
質問回答

車のスイッチ類は覚えた方がいいですか?

円滑な操作は知識から 車に限った話ではありませんが、何か分からないことがあるとそれを解決するために少なからず時間を消費
学科教習

突然やってくるバッテリーあがり

突然かからなくなるエンジン ある冬の日の朝でした。ディーラーでオイル交換をする時期になったのでエンジンをかけようとした
技能教習(第二段階)

本当の死角は心の中に

目視忘れが起こす悲劇 目視とは自分の目で確認すること……教習用語では巻き込み確認を示す場合もあります。 ちょっと
学科教習

ワイパーゴムの正しい選択

雨の日の視界確保に有能なワイパーゴム むしろこれがないと雨の日に走れませんね。ワイパーゴムは通常のゴムよりも耐久力の高
学科教習

あまりにも多い夕方の事故

認知の困難なレッドゾーン 教習生の中には路上が怖くて仕方がないと言った気持ちを抱いている人が多いですね。当然他の交通が
質問回答

合流が苦手です

タイミングをはかる技量が必要 合流は他の交通があるなかで、その流れの中にうまく入り込む必要があります。 当然なが
技能教習(第一段階)

坂道発進を行う場面

教習所で行う坂道発進 今回は技能教習第一段階で行う坂道発進の説明です。坂道の途中で停車し、ハンドブレーキをかけて行うア
スポンサーリンク